2013/02/25

春の交流会


教室をリニューアルして4年。

教室の生徒さんはとても熱心で、
毎回、何かひとつ学んで帰ろうと真剣に作っています。

そんなすばらしい生徒さんに恵まれたことに対する
感謝の気持ちと、ちょっと手を休めてお互いの近況でも
話しませんかという気持ちも込めて、春の交流会を
開催しました。

料理一品、過去に作った作品ひとつ持ち寄りです。



白い鉢にインゲンの胡麻和え


ガラス釉の大鉢に黒豆ごはん




私は、中津からあげで・・・
  楽しかったです!

2013/02/11

本焼きの支度

今年初の本焼きをします。
一昨日はその準備でした。

本焼きは焼き物の最終仕上げです。
どんな色にしようか、迷うところです。


釉薬を調整してます。
 
 
イラボ釉流し掛け

窯詰め
 
 
 
今回は温度を少し下げ、“ねらし”の時間を増やしてみます。
 
楽しみですねー (*´∀`*)
 
 
 
 

2013/02/01

2月の教室


どこかで聞きましたが、山間部の陶芸家の方は
夏に作陶し、冬は酒を飲んで暮らす、のだそうです。

よーーく気持ちは分かります。
冷たい土、凍るような水を触るもんだから、
この季節、手の小骨がきしみます。

熱燗飲みながら、新作のスケッチでもするのでしょうか。
それもいいですね。


ですが、「作りたい欲」が増すと、
寒さに凍えながらでも作ってしまうのでしょうね。

私が山間部の陶芸家なら
きっと熱燗飲みながら作ります。


2月の教室はこちら